HBeAg(HBe抗原)

HBeAg(HBe抗原)は,B型肝炎ウイルスの病勢が【強い】=感染力を示します.


●参考値

・陰性

■HBeAg / HBeAbによるB型肝炎【病勢】鑑別

・+ / -:B型肝炎活動期=感染力大

・- / +:B型肝炎非活動期

・+ / +:活動期から非活動期への治癒過程(セロコンバージョン)


肝炎ウイルスマーカーのひとつです.

HBsAgとHBsAbのは,感染の有無を表します.それに対しHBeAgとHBeAbは病勢=感染力の有無を診ます.eは元々envelope(外被殻)蛋白をさしていました.しかし,その後HBeAbは,コアの一部だと考えられています.本来cpとでも標記すべきところですが慣例でeと書きます.

HBeAbは,そのコア蛋白の一部が,ウイルス増殖時,過剰に産生され血中に出てくるので,ウイルスの繁殖の度合い,つまり活動性をあらわします.多ければその分活発で,感染力もあります.

何かご不安があればすぐにお診せ下さい.

JLAC:5F0191410023005

hepatitis B virus envelope antigen HBeAg HBe抗原