CT(CT)

CT(CT)は,正式にはX線コンピュータ断層撮影と呼ばれ,X線を用いてからだの中野輪切りや立体構造を描出する画像検査です.


MRIに比べ空間分解能が高く,腫瘍の早期発見や骨化病変,血管病変の検出に威力を発揮します.

ご不安でしたら,すぐお診せ下さい.

JLAC:9X2009

CT computed tomography