CK(クレアチンキナーゼ)

CK(クレアチンキナーゼ)は,筋肉・脳の障害を表します.


●参考値

♂60~270IU/l/37℃

♀40~150 IU/l/37℃

▲高値

・筋肉の障害:肉離れ,急性心筋梗塞,筋ジストロフィー,多発性筋炎(筋肉を障害する膠原病の一種),悪性高熱

・脳の障害:頭部外傷,脳卒中,癲癇(てんかん)

・内分泌疾患:甲状腺・副甲状腺機能低下症・糖尿病

▼低値

・殆どの膠原病:関節リウマチ,全身性エリテマトーデス

・内分泌疾患:甲状腺機能亢進症


クレアチンフォスフォキナーゼcreatine kinaseともいいます.

筋肉が痛い等,何かご不安があればすぐにお診せ下さい.

JLAC:3B0100000023272

creatine kinase クレアチンキナーゼ CK