Cat3(カテコールアミン3分画)

Cat3(カテコールアミン3分画)は副腎髄質(adrenal medula)と神経で作られるアドレナリン(A:adrenaline)・ノルアドレナリン(NA:noradrenaline)・ドーパミン(DA:dopamine)の量です.

急に起こる血圧上昇の鑑別診断に用います.


●参考値

・A:≦0.07 ng/mL

・NA:0.15~0.57 ng/mL

・DA:≦0.03 ng/mL

▲高値

・褐色細胞腫・好感神経芽細胞腫(産生過剰)

・本態性高血圧症

・鬱血性心不全・腎不全(代償性産生+排泄低下)

▼低値

・起立性低血圧症

・家族性自律神経失調症

■増減

・運動・ストレスで上昇

・レゼルピン等薬剤


副腎髄質のクロム親和性細胞(chromaffin cell)や交感神経細胞で,アミノ酸であるチロジン(tyrosine)→D→N→Aの順番で合成されます(DNAと覚える).

褐色細胞腫の場合,体動や肋脊角叩打や揉捏によって血圧が急上昇するのが特徴です.

何かご不安があればすぐにお診せ下さい.

JLAC:4E0160000022204

Cat3 カテコールアミン3分画 catecholamine fractionation