BMG(β2マイクログロブリン)

BMG(β2マイクログロブリン)は,腎糸球体機能をあらわします.


●参考値

・0.9~1.9 mg/L

■増減

・血中↑&尿中→:腎糸球体機能障害:急性糸球体腎炎・慢性糸球体腎炎・ネフローゼ症候群

・血中→&尿中↑:腎尿細管機能障害:Fanconi症候群・尿細管アシドーシス・急性尿細管壊死・Lowe症候群

・血中↑&尿中↑:

糸球体&尿細管障害:尿毒症・慢性腎不全・糖尿病性腎症

その他:・悪性腫瘍・自己免疫疾患・肝疾患


β2マイクログロブリンは1日200mg±50mg分泌される低分子淡白で,腎糸球体で殆どろ過され,腎尿細管で99%再吸収されます.よって,

・血中濃度上昇:腎糸球体機能障害

・尿中濃度上昇:腎尿細管機能障害

をあらわします.

本来は同時測定が理想的ですが,保険のしばりがあります.

★単位がmg/Lと異例なので注意.

何かご不安があればすぐにお診せ下さい.

JLAC:5C0650000023062

BMG β2マイクログロブリン β2-microglobuli