栃木で●VAS(視覚近似尺度)●検査


VAS(視覚近似尺度)は,0~10cmの目盛りを示させ,痛み等の症状を評価する方法です.

・10cmの目盛り:紙に印刷・ノギス様のものさし等を用います.
・左を0に【横】に置きます(縦だとバイアスがかかる)
・0は無症状⇔10は考えられる最大の痛み(等の症状)
・その間を患者が判断して指し示す.鉛筆でチェックしてもよい
・0からの距離をcm単位で小数点下第一位まで記録

VDSより正確で,パタメトリック値として統計処理できる特徴があります.
ご不安でしたら,すぐお診せ下さい..
JLAC:9G5209
視覚近似尺度 VAS Visual Analogue Scale