栃木で●RIST(非特異的免疫グロブリンE=放射免疫吸着試験:radioimmunosorbent test)●検査


RIST(非特異的免疫グロブリンE=放射免疫吸着試験:radioimmunosorbent testは,IgEの総量です.
アレルギーの度合いを評価します(液性).

●参考値
・≦170 IU/mL
▲高値
●多クローン性の増加
・Ⅰ型アレルギー性疾患:アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・接触性皮膚炎・気管支喘息・蕁麻疹・食物アレルギー
・肝疾患・膠原病・ネフローゼ症候群・寄生虫感染症
●単クローン性の増加:IgE型骨髄腫・
▼低値
・IgE型以外の骨髄腫
・慢性リンパ性白血病・サルコイドーシス
・無γグロブリン血症
■増減
・小児は低い.

物質に対する過敏反応等のI型(測時型)アレルギーの液性主役で,アレルギー体質の評価に用います.
何に対するアレルギーを特定するにはRAST等を用います.
1 IU(International Unit) = 4ng
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:5A0900000023023
非特異的免疫グロブリンE non specific immunoglobulin E RIST