栃木で●K(カリウム)●検査


K(カリウム)は,血液や細胞の主要なミネラル(無機質)の一つです.
血液の浸透圧や細胞の機能,酸塩基のバランスを維持する働きがあります.

●参考値
・3.5~5.0 mEq/L
▲高値
・溶血:採血手技(最多)・不適合輸血
・腎不全
・呼吸性アシドーシス
・壊死:熱傷・外傷・阻血
・低アルドステロン症
▼低値
・低栄養・嘔吐・下痢・周期性四肢麻痺
・ネフローゼ・利尿剤
・呼吸性アルカローシス(糖尿病性アシドーシスの特に回復期)
・偽アルドステロン症:ステロイド・NSAIDS連用・肝硬変症
・真アルドステロン症・クッシング症候群

細胞内液(Na:35,Cl:35,K:20)と細胞外液(Na:140,Cl:110,K:4)では,ミネラル等の濃度が違います.この差≒電圧により,神経の興奮等の生命活動が生じます.
KはUNとともに腎不全による身体ダメージの程度を示します.高値になると徐脈・不整脈を経て心停止に至ります.
採血操作による溶血でしばしば高値を示します.検体を遠沈して溶血を確認したら,その旨を記録し,所見判読時に考慮します.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:3H0150000023261
potassium K カリウム