栃木で●CEA(癌胎児性抗原)●検査


CEA(癌胎児性抗原)は,癌の腫瘍マーカーです.もっとも広く使われます.

●参考値
・≦5.0 ng/ml
▲高値
・ 大腸癌・胃癌・食道癌
・肝癌(大腸からの転移が多い)・胆管癌・胆嚢癌
・肺癌・乳癌・子宮癌
・慢性肝炎・肝硬変・閉塞性黄疸・胆石症
・胃潰瘍・十二指腸潰瘍(通常,軽度上昇)
■増減
・高齢・喫煙で増加

CEAは,消化器・腹部悪性腫瘍を検出する際に,もっとも幅広く応用されます.
いろいろな癌で陽性になるので,悪性疾患の可能性があるかないかをおおよそ判定します.どの臓器であるかは,より特異性の高い腫瘍マーカーを用いたり,画像診断を用います.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:5D0100000023007
癌胎児性抗原 CEA carcinoembryonic antigen