栃木で●APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)●検査


APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)は,血液の固まりやすさの検査です.
固まるまでの秒数または対照との比ですので,短ければ固まりやすく長ければ固まりにくいことを示します.

●参考値
・絶対値の目安:10秒前後
・正常対照との比:0.85-1.15
▲高値
・サラサラ血治療中:ヘパリン等
・血友病
・内因系凝固因子欠損症
・フィブリノーゲン欠損症
・肝障害
・抗リン脂質抗体症候群:ループスアンチコアグラント産生
▼低値
・どろどろ血
・採血障害

血の巡りが悪い・青あざができやすい等,何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:2B0250000036311
APTT activated partial thromboplastin time 活性化部分トロンボプラスチン時間