栃木で●Ald(アルドステロン)●検査

Ald(アルドステロン)は,ミネラルコルチコイド(鉱質副腎皮質ホルモン)の代表で,ナトリウムやカリウムを調製します.
電解質の異常・むくみ・高血圧等の鑑別に,APRC(活性血清レニン濃度)とともに用います.

●参考値
・2~13 ng/dL (早朝安静時≒入院採血)
・3~21 ng/dL (早朝2時間立位~歩行≒外来採血)
▲高値
・レニン高:続発性アルドステロン症
・レニン低:続発性アルドステロン症
▼低値
・レニン高:アジソン病、Na喪失型21-ヒドロキシラーゼ欠損症
・レニン低:低レニン性低アルドステロン症、11βまたは17α-ヒドロキシラーゼ欠損症 
■増減
・立位>臥位∵腎血流量低下
・低ナトリウム食・利尿剤投与:高
・高ナトリウム食・ACE阻害剤:低

詳しくはレニン・アンギオテンシン・アルドステロン系をご参照下さい.
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:4D1150000022005
Ald アルドステロン aldosterone