栃木で●Afp(αフェトプロテイン)●検査


Afp(αフェトプロテイン)は,肝細胞癌の腫瘍マーカーです.

●参考値
・≦10.0 ng/ml
▲高値
・肝細胞癌
・ヨークサック腫瘍
・その他の良性疾患:肝炎・肝硬変症等
■増減
・出生直後>10000
・妊娠後期(胎児を有するため)


Afpは,胎生期のヨークザック(卵黄嚢)で多く作られる蛋白です.乳児以降,高値を示すのは多くの場合肝細胞癌です.レクチン分画でさらに鑑別します.
L1:良性疾患
L2:ヨークザック腫瘍
L3:肝細胞癌
何かご不安があればすぐにお診せ下さい.
JLAC:5D0150000023005
αフェトプロテイン α-fetoprotein Afp