11.バレー圧痛点

19世紀フランスの医師Francois Luis Valeixが報告した圧痛点です.
神経が骨の穴から出るところや,骨と皮膚に挟まれているところをお酢と,その神経の関連痛がでることです.
その程度によって,その神経と中枢がどの程度敏感になっているかがわかり,神経痛の評価につながります.