頸部後縦靭帯骨化症 ~ 体の痛みは必ずよくなります●あきらめず じっくりと●

a.病態と神経ブロックの適応
後縦靭帯が肥厚骨化することにより,脊髄が徐々に圧迫されて循環障害をきたし,肩こり,頸部痛,頸椎可動性の減少,手指のしびれ・巧緻運動障害,痙性歩行などの症状を呈する.脊髄症状が強い場合は手術適応となる.
脊髄の血流改善を目的にPGE1製剤の投与や星状神経節ブロックを行ない,また神経根性の疼痛が強い場合には頸部硬膜外ブロックを行なう.
b.神経ブロック治療指針
①星状神経節ブロック:急性期(1~2ヵ月間)は3~4回/週の頻度で行ない,その後は1~2回/週程度とする.
②頸部硬膜外ブロック:根症状や局所症状が強い場合には2~3回/週の頻度で行なう.疼痛が強い場合は入院が望ましく,脊柱管の狭小化により硬膜外カテーテルを挿入すると症状悪化の危険性があるので,1回注入法で連日行なう.14日に1回程度,局麻薬にステロイドを添加すると鎮痛効果が良好となる.
--
※「ペインクリニック治療指針」から抜粋