25.発熱


①平熱を保つことができず,体温が上昇すること.
②かぜ・インフルエンザなど感染症,脳・骨髄・肝臓・腎臓・肺・甲状腺・子宮の病気,リウマチ,がん
③かぜなどの感染症による発熱が最も多く,その病原体によって発熱の形(熱型)があります.インフルエンザA型のように,全身倦怠感と発熱・高熱が数時間内に急激におこりその後一週間程度続くものや,夏かぜのように1週間ほどぐずぐずした後に3日間発熱するなど,他の症状と合わせて診ていきます.