栃木で●慢性膵炎●を着実に

膵臓の働きが長く下がった状態を慢性膵炎といいます.

●何で気がつくの?

吐き気や胸のつかえ,お腹の痛みや下痢が治ってはひどくなるを繰り返します.

●放っておくと?

肝臓やその他の内臓を巻き込み,体が動けなくなり,生活が難しくなります.
どんな検査?

●血液や尿の検査

アミラーゼ
膵排泄試験
貧血・肝・腎機能などの一般的なチェック

●画像検査

院内画像検査
腹部レントゲン・エコー検査
院外画像検査
ERCP・CT・MRI

●他の病気と副作用をチェック

検査は安心して診療できるようにするためのおまもりです.他の悪い病気がないか,副作用が出ていないかをチェックするのが第一の目的です.

どんな治療?

●一般的な生活改善

運動中心の生活リズムと食事などのバランス.

●お薬

膵酵素阻害薬
抗コリン薬

●注射

膵酵素阻害薬
抗コリン薬

●他の治療

膵臓に負担のかかる食事(脂っこいもの・アルコール・カフェインなど)とたばこを避けましょう

診療のながれ

●しらべる

血液や尿の検査と画像検査で慢性膵炎を確定します.

●ととのえる

2~4週ごと:血液や尿の検査などから,
1~2週ごと:症状や生活の様子から,生活改善の仕方やお薬を調整します.

●おちついたら

2~4週ごと:生活改善の確認とお薬.
2~4か月ごと:血液や尿の検査.
半年~毎年:院内画像検査
1~2年ごと:院外画像検査

他には?

規則正しい食生活とストレスを解消することが重要です。

ほどほど,コツコツでだいじょうぶ

日々の生活をととのえ,コツコツと診療を続けていけばだいじょうぶです.