栃木で●肝炎●を着実に

肝臓が炎症で壊れていくのが肝炎です.ウィルスやアルコール,たまった脂肪が直接炎症の原因になったり,自分の免疫が間違って肝臓を攻撃するのが原因です.

どんな症状?

肝機能障害の症状に準じます.肝機能障害より,炎症の症状が強いことがあります.

無症状が一番怖い

沈黙の臓器と言われ,症状が出た時にはかなり進んでいます.

●何で気がつくの?

肝機能障害に準じます.

●放っておくと?

肝臓の働きがどんどん悪くなり,疲れが取れず生活が難しくなります.脂肪肝や肝硬変が進み,最後は肝がんになります.

どんな検査?

●血液や尿の検査

精密な肝機能検査に加え,肝炎ウィルスや自己抗体を見ます.
貧血・肝・腎機能などの一般的なチェック

●画像検査

院内画像検査
エコー検査
院外画像検査
CT,MRI

●他の検査

腹腔鏡検査
肝生検

●他の病気と副作用をチェック

検査は安心して診療できるようにするためのおまもりです.他の悪い病気がないか,副作用が出ていないかをチェックするのが第一の目的です.

どんな治療?

肝機能障害に準じます.
かぜや肺炎と同じように重症なら入院,軽傷~中等度なら外来で治療します.

●一般的な生活改善

運動中心の生活リズムと食事などのバランス.

●お薬

肝機能障害のお薬に加え,肝炎の原因ごとにお薬を決めます.
急性期抗ウィルス薬
免疫抑制薬

●注射

肝機能障害の注射に加え,
栄養の点滴
急性期抗ウィルス薬
免疫抑制薬

●他の治療

肝機能障害の治療

診療のながれ

●しらべる

初めのうちは:連日血液などの検査をしながら重症度を見極め,点滴やお薬で治療します.

●ととのえる

急性期を過ぎ,回復期・生活期となったら:
2~4週ごと:血液や尿の検査などから,
1~2週ごと:症状や生活の様子から,生活改善の仕方やお薬とお注射を調整します.

●おちついたら

2~4週ごと:生活改善の確認とお薬とお注射.
2~4か月ごと:血液や尿の検査.
半年~毎年:院内画像検査/1~2年ごと:院外画像検査など.

他には?

症状がなくなっても,肝臓は沈黙するだけなので定期的な検査が必要です.

ほどほど,コツコツでだいじょうぶ

日々の生活をととのえ,コツコツと診療を続けていけばだいじょうぶです.