栃木で●帯状疱疹後神経痛●を着実に

水ぼうそうが再発した帯状疱疹.それが治っても痛みが残ったものが帯状疱疹後神経痛です.帯状疱疹の10人に1人が軽く発症します.1000人に1人~2人は生活もままならないほどひどく痛みます.非常に治りにくい神経痛(神経障害性疼痛)です.

どんな症状?

帯状疱疹のブツブツが治ったあとを中心に,激しい痛みが続きます.

無症状が一番怖い

帯状疱疹のブツブツと初めの頃の痛みは,一見順調に治るかのように見えます.症状があるのに家事やお仕事を再開すると,帯状疱疹後神経痛になる可能性が高まります.

●何で気がつくの?

帯状疱疹のブツブツが治っても痛みが残り,時にどんどん痛みが激しくなり気がつきます.

●放っておくと?

嫌な痛みが連続してうずいたり,電気が走るような激痛が断続的に起こります.ものが触れただけで,帯状疱疹のあとを中心に痛みが走ります.そこからだんだん体中へ痛みが広がり,時に車いすから寝たきりになることもあります.
あきらめて治療せずに放っておくと,10年単位で長引きます.しっかり治療をしても,生活が普通にできるようになるのに1年前後かかります.長引くのでうつ病になることもあります.

どんな検査?

症状の経過で診断は容易です.

●血液や尿の検査

水痘・帯状疱疹ウィルス抗体価
貧血・肝・腎機能などの一般的なチェック

●画像検査

院外画像検査
MRI(神経痛を起こしている神経の通り道を確認します)

●他の検査

痛みのある部位のアロディニア(触れただけで痛い)

●他の病気と副作用をチェック

検査は安心して診療できるようにするためのおまもりです.他の悪い病気がないか,副作用が出ていないかをチェックするのが第一の目的です.

どんな治療?

●一般的な生活改善

刺激を与えないこと.その場所に触れるなど痛みがでるようなことを避けましょう.
運動中心の生活リズムと食事などのバランス.

●お薬

メタボなど基礎疾患の治療
骨粗鬆症治療薬など神経の通り道の補強
鎮痛補助薬(抗うつ薬・抗けいれん薬など)
オピオイド

●注射

ビタミンB群
ノイロトロピン
痛みのブロック注射

●他の治療

強力な生活改善指導
他の医療機関との連携

診療のながれ

●しらべる

症状の経過により帯状疱疹後神経痛と確定します.

●ととのえる

2~4週ごと:血液や尿の検査などから,
1~2週ごと:症状や生活の様子から,生活改善の仕方やお薬を調整します.

●おちついたら

2~4週ごと:生活改善の確認とお薬.
2~4か月ごと:血液や尿の検査.
1~2年ごと:院外画像検査

ほどほど,コツコツでだいじょうぶ

日々の生活をととのえ,コツコツと診療を続けていけばだいじょうぶです.