栃木で●不整脈●を着実に

脈が乱れて,いろいろな症状が出るのが不整脈です.

どんな症状?

手首の脈を自分ではかると,規則正しい中に不規則な脈が分かります.

無症状が一番怖い

初めの頃は多少脈が乱れても,自分では全くわかりません.知らないうちに病状が進むことがあります.

●何で気がつくの?

急なせき.
何となく胸苦しく,疲れた感じ.
クラっとめまいがして意識が遠のく.
その時,手首の脈が乱れていることがあります.

●放っておくと?

胸の不快感がひどくなり,やる気がなくなります.
何かしようとしても,脈が乱れて何もできなくなります.
また,心臓でできた血栓が脳に飛んで脳梗塞を引き起こします.脈の乱れが止まらず,亡くなることもあります.

どんな検査?

ほとんどの脈に触れたり,聴診器で心臓の音を聞くだけで容易にわかります.

●血液や尿の検査

心臓の筋肉の障害がないか,ホルモンの異常がないか調べます.
貧血・肝・腎機能などの一般的なチェック

●画像検査

院内画像検査
胸のレントゲン,心臓のエコー検査,
心電図検査(不整脈の種類を調べるため,また,脈診や聴診ではわからないタイプのお不整脈をみつけるため,心電図検査をします.):12誘導心電図,負荷心電図,ホルター心電図
院外画像検査
MRI

●他の病気と副作用をチェック

検査は安心して診療できるようにするためのおまもりです.他の悪い病気がないか,副作用が出ていないかをチェックするのが第一の目的です.

どんな治療?

●一般的な生活改善

運動中心の生活リズムと食事などのバランス

●お薬

他のメタボの治療
抗不整脈薬
抗血栓薬

●注射

抗不整脈薬

●他の治療

ペースメーカー
アブレーション手術

診療のながれ

●しらべる

脈だけで不整脈があるかないかわかります.

●ととのえる

心電図検査で型を調べ,それにあった抗不整脈薬を調整します.
2~4週ごと:血液や尿の検査などから,
1~2週ごと:症状や生活の様子から,生活改善の仕方やお薬を調整します.

●おちついたら

2~4週ごと:生活改善の確認とお薬.
2~4月ごと:心電図・血液や尿の検査.
半年~毎年:院内画像検査
1~2年ごと:院外画像検査

他には?

運動不足による不整脈が非常に多く,薬を使わなくても歩くだけで治ることもあります.反対に命に関わる不整脈もあり,よく調べた上で生活を整えます.

ほどほど,コツコツでだいじょうぶ

日々の生活をととのえ,コツコツと診療を続けていけばだいじょうぶです.